皆さん、コロナ感染拡大の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
3Gの岡です。外出自粛といいつつも、スーパーマーケットのレジは、連日「密」で、首を傾げるばかり、最近では、感染が収まったと錯覚するような混雑、新しい生活様式と言われても、全然馴染めない、今日この頃です。

 さて、私の近況ですが、JR東日本グループ会社に在籍して、今年で32年になります。今年の6月の株主総会で、秋田にある子会社の代表取締役として赴任して参りました。実に27年ぶりの秋田勤務です。昨年、母親を見送り、秋田を離れて長くなったこともあり、もう秋田勤務は無いだろうと思っていました。奥さんには、秋田で採用になったのだから、最後に御奉公だねと、冷やかされています。

 32年前にJR東日本グループ会社に入社し、すぐJR新幹線総合車両センターに異動になり、新幹線車両の室内部品のメンテナンスに携わりました。2年後に秋田に異動になり、在来車両の改造等に携わり、これで安住だと思い結婚、二世帯住宅の新築、ここまでは順調でしたが、新居の完成を待たずに、仙台転勤、仙台市地下鉄車両改造での8年を含め、22年間を仙台本社、新幹線支店、仙台メトロ支店で過ごしました。その間、誘惑に負け、雪と寒さに立ち向かうよりも快適な仙台に、居を構えました。

 5年前にJR東日本グループ再編が行われ、新しい、JR東日本所属の車両メンテナンス会社が発足し、同時に東京本社転勤になり、2年間管理業務を行い、その後3年間、JR郡山総合車両センター内にある郡山支店で、支店長として在来車両の改造・メンテナンスに携わりました。今年で東京、郡山、秋田と単身赴任6年目になりました。数えきれない異動と引っ越しで、朝目覚めると、現在位置の認識に時間が掛かるようになってしまいました。悲しい職業病でしょうか。

 今年の1月には、JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が、定期検査のためJR郡山総合車両センターに初入場して来ました。新車導入から3年目の初入場のため、かなり前から準備を始めた訳ですが、初の多次元塗装ロボットの導入、重量車両用の各設備対応、一点もの部品のメンテナンス等々、大夫苦労して3月の出場に間に合わせました。
 皆さんが、何気なく利用する電車ですが、目に見えなぃ、色々なところで苦労している人がたくさんいます。コロナ感染拡大の中ですが、是非、ご利用ください。

 皆さんと同様、高校時代の思い出話は、いろいろあります。その他、自分の体、薬、家族、両親、実家等、他県在住ゆえの話、等々、その話は、また同窓会で語り合いましょう。

IMG_1649