リレーエッセイ

原 雄美子 島くん(というか、島先生と呼ぶべきなんでしょうね(^^); ), 過分なお褒めのお言葉、恐縮です。調子に乗って、来世はマスターオブワインに加えてエッセイストも目指そうかな〜?笑 島先生のエッセイも拝読しましたが、中々紆余曲折の年月だったのですね!多くの試練を乗り越えて、医学史に残る研究成果を打ち立てられた事、同窓生として誇りに思います♫さ アルコール、特にワインや日本酒などのhealth benefit, 何か証明に成功したら是非ご一報を!
島礼 おもしろい。おもしろすぎます。波瀾万丈のストーリー展開に、ワクワクドキドキで一気に読んでしまいました。これだったら通訳・ワイン専門家に加えて、売れっ子エッセイストにもなれますよ。文中にあった「ワインのHealth Benefit」気に入りました。身を挺してそれを証明していきたいと思います。それでは、永遠のマドンナに乾杯。
菅 貞郎 礼君、ありがとう。思い起こせば、大震災の数年前に、加藤透君と3人で閖上を訪れ、魚屋さんの店先で赤貝を摘んだね。あの店も流されてしまったんだね。お店の人は、大丈夫だっただろうか?今年は5月の連休に、しらはたに行けなかったけど、また今度ぜひ行きましょう。毎年、確定申告の時に、復興特別税を確認し、思いを新たにします。これから大震災期が続く日本。日々の生活に注意しましょう。ちなみに、わが祖父は、湯島で歯科医院を開業していましたが、関東大震災の2ヶ月前に、湯島を引き払って秋田で開業しました。
島礼 貞郎君は、被災地支援のため、現地にお金を落とさねばならない。という趣旨で、毎年、塩竃の名店「しらはた」に来てくれます。この店は津波で半壊したのですが、わずか1年で復活しました。ここでは、閖上(ゆりあげ)の赤貝が食べられます。確かな甘み、しなやかな歯ごたえ。箸がとまります。
三浦和也 3年A組の三浦和也です。1年はC組、2年もC組、最後に福来たる“別別共”です。2年同じクラスだったのですね。光栄です。 最初どこの大学・学部に進学するか?ですが、3A担任の池田先生から聞いたことがあります。先生は管野君の決めた進路に納得はしていなかったのだな、と感じました。 さて1年の冬、管野君作成のジャンプパー人形、実際に雪のスロープを滑らせて、踏切から全身前傾姿勢からテレマークを入れた着地までの巧妙にして精巧なジャンパー人形を楽しんだ時間が忘れられません。今野君もきっとそうだと思います。 「クリエイティブ」であることはあの時すでに決まっていたのですね。また会える日を楽しみにしております。
島礼 牧野君へ 秋田愛に満ちたエッセイありがとう。コテコテの工学系(それも新丸子)牧野が文系のお役人というのは、初めて聞いた時(20年前くらいか)ビックリしました。でも行政には理工系のロジックや構成力が必要なので、牧野のおかげで秋田県はだいぶ救われのではと思います。現在は空港ターミナルビルのお偉いさんだと聞きました。同級生の皆様、飛行機で里帰りする際は何か困ったことがあったら牧野にお願いしたらどうでしょう?僕はもっぱらJRなので残念。最後に高校時代の牧野君へ。バレーボールで君の左腕からのスパイクは格好良かったよ!

Top