リレーエッセイ

大島昌良 3年I組の大島です。昨年1年間寝たきりの状態だった父の最後を自宅で看取ることができました。身近で在宅看護に接し、改めて尊厳死について考えさせられました。一人取り残された母は、今老人施設におります。三度の食事付、入浴も面倒を見ていただき、また、年寄同士お友達になりその人たちの世話をしたり自分の居場所を見つけることができて、家にいる時とは違い健康になり笑顔で元気に暮らしております。このような施設もまたこれでいいものだと思いました。
中村順子 もはや秋田県の在宅医療を語る時、なくてはならぬ存在となった伊藤伸一先生、お世話になっております。 同期のよしみでいろんな頼みごとをして、ちゃっかり活用させていただいておりますが、多分目指しているところは同じと思いますので、今後ともよろしくお願いします!
榎 昌範 Facebookでも時々拝見していますが、みなさん嵌まってますよねー! なにをやるにしても、体と精神の健康が第一です。今後も続けられるように精進しましょう。
中村順子 私はちょうど日赤の大学におりましたので、救護隊に入れて頂いて発災後10日くらいで陸前高田に入りました。あの時の光景、人々の姿、全て忘れることはできません。しばらくは通って高齢者、障がい、母子保健、精神など垣根を超えたケア体制づくり(今でいうなら包括ケアですが)のお手伝いをさせていただきました。 今はすっかり足が遠のいてしまっており、気に掛け続けるくらいのことしかできていませんが・・・。
榎 昌範 あの地震は凄まじいものでしたね。私は約2か月後に山田町の友人のところに行きましたが、津波の恐ろしさに身震いしました。
大島 昌良 3年I組の大島昌良です。いつまでも夫婦仲がよろしくうらやましいものです。私も妻との共通の趣味を持ちたいものです。
大島 昌良 3年I組の大島昌良です。卒業生の大部分が県外の企業に勤めそのまま県外に住まわれる方々が多い中、よく秋田に戻ってきてくれました。都会にはないゆったりとした時間が過行く秋田で、激務で疲れた身体を故郷の水で充分に癒してください。
藤巻(猿田)ゆう子 中村さん 明けまして・・・で始めるには、ちと遅くなってしまいました。お正月気分はとうに吹っ飛ばして元気にお仕事に邁進されていることと思います。 先の同窓会では、あまりにも久々であまりにも懐かしくて、ステージ近くの中村さんを遠目にしつつ、ドップリと感慨にふけってばかりでした。  次回はたくさんお話させてください。 健康診断では年々*印(アラーム)が増えている私です。若々しく過ごすコツも教えていただけるとありがたいです。 では、8月を楽しみに!
中村順子 高校時代は高嶺の花、あこがれだった猿田さんが私のことを書いてくださるなんて、それだけで感激してしまいました。ありがとうございます! くららの家、やってますよ。文字通り家庭の中で一人一人を大切にケアさせていただいてます。私たちを大切に育ててくれた親を送ること、みんな考えましょうね。そして私たち自身のことも。

Top